検索
  • 松井 圭

【DApps(分散型アプリケーション)とは?】

ブロックチェーンや仮想通貨関係の世界では、「DApps」という言葉が注目を集めています。

どのような意味なのか、どのような場所で使われるのかなど、今回はそんなDAppsについて詳しく解説していきます!


DAppsとは?

DApps(ダップス)は、Decentralized Applicationsの略で、非中央集権の分散型アプリケーションです。

分散型アプリケーションとは、特定の中央管理者を持たないということです。

ブロックチェーンを利用しているので安全で、多くの注目を集めています。


Dappsの定義

DAppsと定義するには、大きく分けて3つの条件があります。

①アプリケーションはオープンソースによって提供され、中央管理者のいないネットワーク上で参加者の合意によりに関するすべての決定が成されること

②ブロックチェーンによって、デジタル情報が安全に分散保存されること

③アプリケーションでやりとりされる情報をもつ価値(トークン)を、ネットワーク健全性の維持に貢献した参加者への報酬として与えること

(Dappsに投資するDavid JohnstonのVCファンドによる定義)

この3つの条件を満たすものをDAppsとして定義します。


DAppsのメリット、デメリット

では、DAppsを利用するメリットやデメリットは何なのでしょうか。

理由とともに見ていきましょう。


DAppsのメリット

DAppsはブロックチェーンを利用しているので、中央管理者が存在せず全て自動で行うことができます。

また、ブロックチェーンの性質上改ざんすることができないので、利用者は安心してDAppsを利用し取引をすることができます。


DAppsのデメリット

DAppsを利用する上での大きなデメリットは存在しません。

強いて言えば、取引に時間がかかってしまうことがあること、手数料がかかること、トークンの価値が不安定なことなどがあります。


代表的なもの

DAppsを扱った代表的な例を紹介します。

聞いたことがあるものもあるかもしれません。


①ビットコイン等の仮想通貨

ビットコイン等の仮想通貨はDAppsの1つです。

先ほどの定義にも全て当てはまっています。


②分散型取引所(DEX)

EtherDeltaや0xなどの分散型取引所も、DAppsの1つです。

分散型の取引所では、通常の取引とは違いウォレット同士での取引が可能となっています。

これにより通貨を預ける必要がないので、ハッキングされるリスクが低く済みます。

また、分散型取引所における資産の管理、取引記録は、全て暗号化された上で誰でも閲覧できるようになっています。


③ゲーム

DAppsはゲームでも有名です。

DAppsを活用したゲームでは、スマートコントラクトを利用することでトークンの取引を行うことが可能です。

主なゲームとして、BitPetやCryptoKitties、Etheremon、ETH.TOWNなどがあります。

特にCryptoKittiesは、仮想のネコを購入し育成、交配、売買ができて面白いゲームです。


まとめ

以上、DAppsについての解説でした。

このように、DAppsは様々な場面で利用されています。

近い将来、ブロックチェーンの世界はもっと身近なものとなるかもしれません。

0回の閲覧

© 2019 Powered by アイマツソフト株式会社. All rights reserved.

ceo.master.info@imatsusoft.com 

東京都千代田区九段南一丁目5番6号 りそな九段ビル5F KSフロア