検索
  • 松井 圭

【ブロックチェーンのトレーサビリティとは?】

ブロックチェーンを扱った技術は沢山あります。

今回は、その中の1つの「トレーサビリティ」という技術について解説します。

一体どのような技術なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。


トレーサビリティ=追跡

トレーサビリティとは、流通の過程を追跡できるようにした仕組みのことです。

例として、宅急便の追跡システムがあります。

受け取る荷物が今どこにあるのかわかるシステムは、使ったことがある人もいるのではないでしょうか。

また、トレーサビリティにブロックチェーンを用いることで運用、保守、コスト面でも優位性があると考えられるので、ブロックチェーンの活用例として多く利用されています。


トレーサビリティの活躍

トレーサビリティは、色々なシーンで利用されています。

具体例を見ていきましょう。


食品

食品がいつ、どこで、誰によって生産されたのかというルートが、トレーサビリティを確保することで可能になります。

これによって、消費者は食品をより安心安全に購入することができます。


製造業

自動車などの機械は部品の数が多い物では、どの企業、工場がどの部品を生産したかを明確にすることが重要です。

消費者が安心安全に機械を購入、利用するためには製造業のトレーサビリティを確保する必要があります。


ブロックチェーンとの関係性

一般的なシステムでトレーサビリティを利用するよりも、ブロックチェーンを利用した方がかなりの時間短縮になることが分かっています。

食品の場合、一般的なシステムでトレーサビリティを使い産地の特定に時間がかかってしまうと、産業全体の損失は大きくなります。

また、人件費もかかるため全体の機会損失は計り知れません。

このような理由でブロックチェーンを用いたトレーサビリティはより注目を集めています。


トレーサビリティで便利になる社会

近い将来、トレーサビリティシステムを通じて利用者や消費者は携帯電話のQRコードスキャンを利用し収穫日、植栽場所、土地所有者、梱包時間、出荷時間などの情報を得ることができるようになります。

このシステムは中国では既に普及されています。

今後、トレーサビリティがもっと一般化されるのが楽しみですね。


まとめ

このように、トレーサビリティを使うと世の中がより安全に、より便利になることがわかりました。

まとめると、


・トレーサビリティとは追跡のこと。

・食品や製造業などで利用すると安心安全に消費、使用できる。

・ブロックチェーンを用いると時間短縮、人件費の削減などが期待できる。

・近い将来、よりトレーサビリティが一般化される。

・中国では既に一般的に普及されている。


このような感じになりました。

一般的にはあまり知られていない新しい技術ですが、将来は当たり前のように使われるようになるかもしれません。

今後の将来に期待ですね。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

【ERC20トークンとは?】

仮想通貨やブロックチェーン関係を勉強していると、ERCトークンという言葉を耳にするかもしれません。 今回は、そんなERCトークンがどのようなものなのかについて解説していきます。 ERC20トークンとは? ERCとは"Ethereum Request for Comments: Token Standard #20"の略称で、2015年11月に提案されたイーサリアムでトークンを発行するための規格のこ

【P2P(ピアツーピア)ネットワークとは?】

ブロックチェーンは通常のネットワークとは異なる、P2Pネットワーク(ピアツーピアネットワーク)というネットワークを利用してできています。 いったい、どのようなものなのでしょうか。詳しく解説していきます。 P2Pは3種類ある! P2Pは3種類あり、それぞれ通信方式が異なります。 ピュアP2P ピュアP2Pは、クライアント同士のみで接続し情報共有を行っている、P2Pネットワークを構築しています。 ハイ

© 2019 Powered by アイマツソフト株式会社. All rights reserved.

ceo.master.info@imatsusoft.com 

東京都千代田区九段南一丁目5番6号 りそな九段ビル5F KSフロア